スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

硫黄島の戦い

立て続けに二晩連続で夢を覚えていなかったので、昔見て印象に残っているのを一つ。

俺は戦時中の大日本帝国の兵隊だった。
赤紙で召集されたのかどうかは不明。
配属されたのは、映画にもなって有名な激戦地、硫黄島。
日米に多大なる犠牲者を出したと言う地獄の島だ。

細かい描写はあまり覚えていないが、視界いっぱいに広がる青空と海は覚えている。

誰かが皆を呼んだんだと思う。
何事かと駆け寄ってみた。
仲間の日本の兵隊さん達が、が空を指差し見ている。
空を見上げてみると、日本軍戦闘機とアメリカ軍戦闘機が空中戦を繰り広げていた。
パイロットはお互いに必死に後ろに回り込もうと、機体の急激な操作をしている。

確か一対一のドッグファイトだったと思うが、日本の戦闘機が放った機銃弾がアメリカ軍機に命中し、煙を吹いて墜落。
敵パイロットは落下傘で脱出。

友軍機の勝利に、見上げていた地上の兵隊さん達は歓声を上げ喜んだ。
俺も「いよいよ戦いが始まるんだ!やってやるぞ!」などと、これから始まる激戦に意気込みを感じていた。


=補足=

俺の夢にしては、珍しく支離滅裂な点が少なくリアルなものでした。
確か自分や周りに居る日本兵も、映画やドラマで見るカーキ色の軍服やヘルメットをかぶっていました。

しかし唯一おかしかった点が、空中で戦っていた日本の戦闘機の色が、薄オレンジ色でした。
全体の塗装が薄いオレンジ色で、主翼などに真っ赤な日の丸。
色以外は有名な零戦に似ていましたが、そんな派手な塗装があったんでしょうか?
零戦とかって深緑色のイメージが強いじゃないですか。
ガンダムみたいに誰かの専用機?

まあ、こんな夢見るのも戦争映画とかの見過ぎですな。

コメント
No title
薄いオレンジ・・・・
秋水という戦闘機(特攻機)は確かありましたけど何でしょうかね・・・・。
ひさぎ URL 2010年03月07日 15:17:44 編集
Re: No title
> 薄いオレンジ・・・・
> 秋水という戦闘機(特攻機)は確かありましたけど何でしょうかね・・・・。

秋水、知ってます。
色合いはかなり近いものがありましたが、零戦に似たレシプロ機でしたからねw
kyui URL 2010年03月07日 23:14:59 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

リンク

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。