スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

職場で地震に遭遇

職場で働いていたら、地震が起きた。
バランスを崩しそうになるくらいだったから、震度5くらいはありそうだった。

ゾンビを銃で撃ち殺すゲーム

家の中で家族と過ごしていたが、何かの用でどうしても外出しなければならなくなった。
日本の俺の家なのに、何故か本物の拳銃を持って外出。

目的地に向かう途中から何か世界に異変が起き始め、突如現れた化け物と戦闘開始。

ゲームの「バイオハザード」みたいに、拳銃の弾がそこらへんから入手できるみたいだったけど、一つも取れなかった。
戦闘で弾丸を消費し、残弾がたったの5発。

家に帰ろうとするが、ゾンビの大群が道を塞いでいた。
焦ってゾンビの頭部を狙えず、迫りくるゾンビに殺された。

しかしまたコンテニューになり、そこから戦闘再開。
どうやら俺が主人公のゲームのようで、俺自身に残機があるみたいだ。
何回か死んだが、何とか脱出。

家に帰りつくも、家族は行方不明になっていた。
家の中には、知らない二次元美少女キャラが何人かおり、化け物の親玉のようだ。
会話もできるが、こいつらを倒さなければならない強制イベントだ。

しかし何度も美少女に殺されコンテニューするも、弾が残り少ないし倒すのも無理そうで詰んでいた。


=コメント=
ゾンビの頭部を破壊しないと殺せないと言う設定は、海外ドラマ「ウォーキング・デッド」を観過ぎたからでしょう。
あと前日に「バイオハザードⅡ」の映画が放送していて、10分くらい観たせいもあると思います。
あんまり美少女アニメとかに興味ないので、出てきた理由は不明。

2012年09月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 怖い夢 

両親が亡くなった

両親が何かの病気にかかった。
俺がつきっきりで看病していたが、弟は何もせずほったらかしだった。

医師団が見守る中、ベッドで隣同士の両親は回復する事なく、ほぼ同時刻に亡くなった。
ちゃっかり臨終に立ち会った弟は、医師団を目の前にヤブ医者だの詐欺師だのと罵った。

親族は、これっぽっちも看病しなかった弟にだけ同情し、俺には労いの言葉もなかった。

両親と同居していた俺は、今後どうやって生きていこうかと泣いた。

治療費は総額で10万円くらいだったが、医師団は払えないだろうと決め付け、医療費控除の手続きをとろうとしていた。


=コメント=
現実には兄はいるんですが、弟なんて存在しません。
この弟って誰なんでしょうね。

プロフィール

リンク

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。